中1~3通常指導について

大分上野丘高校受験専門塾  
難関国立大学受験専門塾

曜日・回数・内容
が選べます

指導は5科目、内容は個別対応

中1~3生は5科目指導です。
学校の進度に合わせた指導から、次学年・次々学年の先取り学習まで、一人ひとりの学力に合わせて指導を進めています。塾長による個別対応の指導です。

◆授業はクラス式でしょうか?     

中学生は、各学年1日だけクラス式の授業がありますが、それ以外は、曜日を選んでいただき、個別演習形式になります。クラス式で重要事項を効率よく学び、その後は、演習形式で問題をたくさん解き、一人一人の理解度を塾長がチェックしながら個別にすべきことを提示していきます。上位校合格のためには最適なスタイルです。

◆上野丘高校志望者だけが対象ですか? 

大分上野丘高校に進学する生徒が多いのは事実ですが、大分上野丘高校志望者だけが対象ということはありません。大事なのは、学力よりも意欲です。多少成績が悪かったとしても、真面目にコツコツと努力を続けられる生徒であれば大歓迎です。個別に指導する時間も多いので、その生徒の学力に沿った問題を解いたり、解説をしたりすることも行っております。真面目に取り組む生徒ばかりですので、騒がしかったりルールを守れなかったりする人は、成績が良くても受講を見合わせていただきます。

◆指導するのはどんな人ですか?    

指導するのは塾長です。「先生がコロコロ変わってしまう」ということは一切ありません。ご要望などは全て塾長が責任をもってお伺いします。

◆わからないところは質問できますか? 

もちろんできます。しかし「分からないところをドンドンと質問できるのは、既に成績がトップクラスの子」です。十分な勉強量と演習量があるから「どこが分からないか?」がハッキリ分かり質問できるのです。我々は指導中、お子さまから質問が来るのをジッと待つことはしません。お子さま1人ひとりの手の動きや表情を注視し、じっくり考え込んでいるときはまず考えさせ、解けずに手が止まっていると判断したら、その場で直ぐに「これが解けないの? じゃあ一緒にやってみようか」とこちらから声を掛けて、指導を進めていきます。

◆定期テスト対策はありますか?    

毎回必ず行っています。各学校の定期テスト約2週間前から通常指導を定期テスト対策に切り替えます。各学校のテスト範囲表にピッタリ合わせて、学校教科書・学校ワークを使ったテスト対策指導を、テスト前日まで、土日祝日を含めて実施しています。

◆お宅は授業中うるさくないですか?  

この質問は実に多いです。うるさい塾にお金を払って我が子を通わせているのでしょうか?ここは塾、勉強をする場所です。うるさい訳がないです。指導中は先生と生徒がやりとりする声と、シャーペンが机を叩く音だけです。授業日以外に自習をしに来たときも、塾長が直接指示して、正しい自習の仕方や内容を指導します。夢進学塾kanaLは私語禁止・私語厳禁ではなく、「私語論外」で即つまみ出します。勉強する子の邪魔は一切させません。でも、これって厳しいでしょうか? 「人に迷惑をかけない」のは当たり前の基本マナーですね。

◆保護者への受講報告はありますか?  

あります。年6回の保護者面談を行います。(特に受験学年は9月以降毎月実施)保護者さまお1人に1時間以上掛けて、じっくりお話を伺います。「テストの得点・偏差値」だけを判断基準にするのではなく、「今の勉強法が最適か」「今の勉強量で足りているか」「我流でなく正攻法で解こうとしているか」「勉強持久力は十分あるか」、解けないのは「分からないからか?」「忘れたからか?」それとも「元々知らないだけなのか?」「今後は何をどの位やっていけばいいのか?」等々、お子さまが「伸びる理由」「伸びない理由」を、具体的かつ客観的に「ありのまま」を正直に保護者さまにお伝えしています。

形態 週1回のクラス指導+演習形式の個別指導
講師 塾長
対象大分上野丘高校を志望する中1~中3
豊府中生・向陽中生対応
科目 英・数・国・理・社の5科目
回数 中1.2…週2回~5回 中3…週2回~6回
曜日 月曜日~土曜日
時間 19:20~21:55(155分)
費用<中1・中2>
週2回コース 26,400円(税込)  
フリーコース 36,300円(税込)
(フリーコースは週3~5回選択可)

<中3>
週2回コース 26,400円(税込)
フリーコース 38,500円(税込)
(フリーコースは週3~6回選択可)

その他の費用について
入塾金と教材費が別途必要になります。

大分上野丘高校合格.難関国立大学合格を目指して指導を行っています。

体験受講は毎週土日です
(予約制)

無駄な言い訳をやめる

成績の悪い人に共通てして言えることがあります。
それは、「無駄な言い訳が多い」です。

宿題をやれなかった時には
・土日に部活の練習が午前午後あってが忙しかった
・部活の大会で勉強ができなかった
・学校の課題が多かった

テスト結果がよくなかった時には
・範囲に書かれていないところが出た
・ここを一生懸命やったけど、こっちはやっていなかった
・部活が休みにならず、テスト勉強の時間がとれなかった

これらの言い訳は、実際に毎年よく聞く生徒の言い訳を書いてみました。
実際に、保護者の皆さまも今まで1度や2度聞いたことのあるような言い訳ではないでしょうか。

こういう言い訳をいつまでもしているようでは、成績の改善は見込めません。
これらの言い訳は、自分の非(やっていないこと)を単に正当化してるだけです。考えを変えなければ、同じことを何度も繰り返します。
社会に出たときに通用するように、考えを変えていきましょう。

例えば、先ほどの
「部活練習が午前午後あってが忙しかった」「部活の大会で勉強ができなかった」は、部活の大会や練習は前もってわかるはずなので、忙しいと分かったのであれば、前もって計画を立てて、宿題を終わらせるといったような計画を立てなければいけません。前もって計画的に取り組む練習を今後のためにも練習をするべきです。

テストの結果にしても、悪くなかった原因を考え、次につながるような反省が必要です。自分の保身のためだけの言い訳では、改善しません。

中学生になると、”文武両道”というワードを目にする機会が増えてきます。
文武両道の基本は、無駄な言い訳をやめることです。

体験受講は毎週土日です
(予約制)