小1~小6の指導について

大分上野丘高校受験専門塾  
難関国立大学受験専門塾

曜日・時間・回数・科目

が自由に選べます

◆指導形態を教えてください。     

小学生は、希望の曜日.時間帯.回数.科目を選んでいただき、個別に指導します。一人ひとりの理解度を塾長と専任講師の二人体制で常時チェックしながら、個別に進めていきます。上位校合格のためには最適なスタイルです。

◆上野丘高校志望者だけが対象ですか? 

大分上野丘高校に進学する子が多いのは事実ですが、大分上野丘高校志望者だけが対象ということはありません。大事なのは、学力よりも意欲です。多少成績が悪かったとしても、真面目にコツコツと努力を続けられるお子さんであれば大歓迎です。個別に指導するので、その子の学力に沿った問題を解いたり、解説をしたりすることも行っています。真面目に取り組む子ばかりですので、騒がしかったりルールを守れなかったりする子は、成績が良くても受講を見合わせていただきます。

◆指導するのはどんな人ですか?    

指導するのは塾長(常駐)と専任の社会人講師(常駐)です。塾長プラス専任の社会人講師による2人体制の指導を行っています。「先生がコロコロ変わってしまう」ということは一切ありません。ご要望などは全て塾長が責任をもってお伺いします。

◆わからないところは質問できますか? 

もちろんできます。しかし「分からないところをドンドンと質問できるのは、既に成績がトップクラスの子」です。十分な勉強量と演習量があるから「どこが分からないか?」がハッキリ分かり質問できるのです。我々は指導中、お子さまから質問が来るのをジッと待つことはしません。お子さま1人ひとりの手の動きや表情を注視し、じっくり考え込んでいるときはまず考えさせ、解けずに手が止まっていると判断したら、その場で直ぐに「これが解けないの? じゃあ一緒にやってみようか」とこちらから声を掛けて、指導を進めていきます。

◆お宅は授業中うるさくないですか?  

この質問は実に多いです。うるさい塾にお金を払って我が子を通わせているのでしょうか?ここは塾、勉強をする場所です。うるさい訳がないです。指導中は先生と児童・生徒がやりとりする声と、シャーペンが机を叩く音だけです。授業日以外に自習をしに来たときも、塾長が直接指示して、正しい自習の仕方や内容を指導します。夢進学塾kanaLは私語禁止・私語厳禁ではなく、「私語論外」で即つまみ出します。勉強する子の邪魔は一切させません。でも、これって厳しいでしょうか? 「人に迷惑をかけない」のは当たり前の基本マナーですね。

◆保護者への受講報告はありますか?  

あります。年6回の保護者面談を行います。(特に受験学年は9月以降毎月実施)保護者さまお1人に1時間以上掛けて、じっくりお話を伺います。「テストの得点・偏差値」だけを判断基準にするのではなく、「今の勉強法が最適か」「今の勉強量で足りているか」「我流でなく正攻法で解こうとしているか」「勉強持久力は十分あるか」、解けないのは「分からないからか?」「忘れたからか?」それとも「元々知らないだけなのか?」「今後は何をどの位やっていけばいいのか?」等々、お子さまが「伸びる理由」「伸びない理由」を、具体的かつ客観的に「ありのまま」を正直に保護者さまにお伝えしています。

形態 小1~小6個別指導
(附属中・豊府中・向陽中入試対応)
講師 塾長と専任社会人講師の2名 (ともに常駐)
※非常勤・学生講師はおりません。
科目 算・国・理・社・英
(理社英は小5.6)
回数 1コマ60分×希望回数
曜日 月曜日~金曜日
時間 下記の①~④から選択
①15:00~16:00 ②16:00~17:00  
③17:00~18:00 ④18:00~19:00
費用 1コマ(60分)
週1コマの場合、月額6,600円税込
週2コマの場合、月額13,200円税込
週3コマの場合、月額16,500円税込
週4コマの場合、月額19,800円税込
※英語週1回1コマ月額7700円税込
大分上野丘高校進学を目指す小1~6対象
塾長と専任講師が直接指導。

体験受講は毎週土日です
(予約制)

大分上野丘高校合格が目標

<小学国語>読解力は全ての科目の土

大学入試改革に伴い、全科目で更に正確な読解力が求められます。
読解力とは日本語力であり、日本語力とは語い力です。あなたのお子さんの読解力(=日本語力)UPのために・音読力の必要性を意識して、語い力を高める勉強をさせます。

国語の勉強が他教科より
少なくないですか?

漢字ドリルのノート埋めだけで
大丈夫ですか?

 

小学算数>暗算と筆算だけではダメ

お子さんの算数テキストを見て下さい。
文章題を解くとき
・問題文に書き込みがありますか?
・問題文に沿った「言葉の式」がありますか?
・立式していますか?
・解答までのプロセスがありますか?
・暗算と筆算だけになっていませんか?

答を出すだけでなく、常に同じ流れで途中過程を明記することを指導します。

お気づきのとおり、
高校数学での答案作成の要領です。

暗算だけで解いている子は、既に分数小数が苦手ではないですか?中1で正負の符号・指数・文字が加わります。ここから際の単元を暗算で解くのは非常に困難ですね。暗算で解く子はここで数学が苦手になります。

<小学英語>4つ揃ってこその4技能

英検合格が全目的になっていませんか?
「話す.聞く」だけを重視して
「読む.書く」を軽視していませんか?

合格した英検の問題冊子を見て下さい。
お子さんは問題英文が音読できますか?
和訳⇔英訳ができますか?

次の英単語が正しく書けますか?
40(forty)
2月(February)
水曜日(Wednesday)
問題(problem)

上記内容を意識して指導を進めています。我々の指導目標はあなたのお子さんの大分上野丘高校、難関国立大合格です。

体験受講は毎週土日です
(予約制)

個別指導中の様子は・・・

お子さまが解いた問題は
宿題を含めた全てを我々が○付け
しています。
採点後は個別に指導を進めます。
・もう一度解き直す
・個別に解説指導をする
・指示して類題に取り組ませる
・次の問題に進む
といった判断を我々が行います。

当然ですが
指導内容と使用するテキストは
1人ひとり異なります。

中学受験をする
子は
受験対応テキスト

中学受験をしない子は
個人毎に
苦手克服目的のテキスト
学校授業の予復習用テキスト
応用発展レベルのテキスト
次学年用テキストや
次々学年用テキストでの
勉強を進めています。

大分上野丘高校合格には、勉強持久力が必要不可欠です。効率だけを求めた勉強ではダメです。中学高校で必要な勉強持久力を小学生のうちから鍛えていきます。持久力は集中力と大きく関係します。

体験受講は毎週土日です
(予約制)

塾生の受講例を紹介します

受講例①
得意科目をもっと得意にしたいAさん

<応用レベルの問題を中心に>

60分×2コマ×週1回で算数・国語を受講。
2コマ連続受講は勉強持久力を高めます。
次学年用テキストまで使った先取り学習で、
理解度・計算力・読解力を高めています。

中学受験予定の小1~2生の
標準的な受講パターンです。

 

受講例②
算数と国語の苦手を克服するBさん

<算数と国語を徹底的に>

60分×2コマ×週2回で算数・国語を受講。
1日に2コマ連続受講×週2回で
勉強持久力&集中力が高まります。
通年テキストは各科複数冊やり上げていきます。
問題演習量が十分に確保できます。

中学受験の勉強開始1年目で
標準的な受講パターンです。

 

受講例③
英語は「読む・書く」も得意なCさん

<テキスト内の英文は全て音読&和英訳OK>

60分×1コマ×週1回で英語を受講。
「聞く・話す」と「読む・書く」を
同じ比重で個別指導しています。
小5の子が中2用通年テキストを使用。
記号解答ではなく完全記述式テキストです。
問題に正答するだけでなく
テキスト中の英文の全てを
音読&英訳⇔和訳できます。
英文法をきちんと指導しています。

受講生が中学高校進学後に
英語を得点源とするために
英語でトップの成績を取るために

このような指導をしています。

↓を知っておいて下さい。
多くの子が何年も英語を学びますね。
英検3.準2級に合格る小3.4も多数いますね。
他のどの科目より時間を掛けていますね。
しかし、ご存じの通り、
中学で最も学力差の大きい科目は英語ですね。
教科書が音読できない子が多数います。
中学入学後、わずか半年で
英語が苦手になる中1生が続出します。
なぜこんなことになるのでしょうかね?

理由は「読めない・書けない」からです。
高校・大学入試の英語で
全国の受験生が苦労しているのは
英作文と長文問題です。
「読む・書く」は習慣化が必須です。

体験受講は毎週土日です
(予約制)